ブログ

Gakushuin University

大阪・奈良旅行《2/18 初日》

 

真面目にブログを書きます。

 

【2/18 @埼玉→大阪】

始発。寝坊。

お母さんが駅まで車で送ってくれました。必ず何か良いものを買って帰ろうと心に誓いました

。家族って暖かいですね。

 

無事電車に乗り東京へ。時刻は5時代だったと思います。

電車に乗りながら夜明けを迎えるのが不思議な感じでした。友達と話しているとあっという間に東京駅に到着。今思えば、電車内で宗教の批判をするのはナンセンスでした。襲われたりしなくて良かったです。

新幹線乗り場へ。魚介が好きなので、めっちゃ貝が入った駅弁を購入しました。朝ごはんを食べていなかったので普通の貝より美味しく感じました。ただ、道中、口の中がずっとシジミの味がしました。非常に不愉快でした。そしてその頃には母への感謝はどこかへ消えていました。

 

新大阪駅に到着。新幹線を降りるだけだったので全く記憶が無いです。

普通の電車で一三駅へ。ホテルに荷物を預けにいきました。

この時、何回かホテルマンにシカトされて心折れました。ただ、僕は漫画ガンツで大阪人の気性の荒さを予習していたのでノーダメージでした。ましてやお姉さんに荷物を渡す時に小ボケを挟む余裕まで持っていました。

お姉さんは笑っていませんでした。

 

USJに到着。乗り換え云々で11時くらいだったと思います。着いたはいいものの、生粋の関東人なので、右も左も分からず若干放心状態に陥りました。

しかし、ぶらぶらしていると、スパイダーマンのとこにいた優しいスタッフのお姉さんが困った僕たちに声をかけてくれました。

「かわいい」ただそう思いました。大阪ってやっぱり杏子ちゃん(ガンツ大阪編のヒロイン的存在)がいっぱいいるんだなと気持ちが昂りました。予習でやったとこがテストに出た感覚でした。しかも、お姉さんは可愛さだけでなく、優しさまでをも兼ね備えていたので、僕たちにUSJ云々を教えてくれました。

ただ突然の出来事だったので挙動不審になると同時に、しっかり歯磨きをしておけば良かったなと後悔しました。

この時点でチケット分の価値はあったと思います。

お姉さん曰く、新しくできたフライングダイナソーエヴァゴジラ、ハリポッターがオススメとのこと。とりあえず、その内のどれかにのることにしました。

お姉さんありがとう。

 

初手はフライングダイナソー

最初乗り物を見た時、マジ池沼としか思えませんでしたが、乗ってみたらマジで池沼でした。

ありえん。アホ。あんなん作るの頭逝ってる。としか思えません。人生で1番の絶叫だったと思います。

最初に高いところから急降下するところがあるんですけど、もうその時点でオシッコちびりました。これは言葉の表現的な感じで"オシッコちびる"と言ってるのではなく、本当に物理的に"オシッコちびりました"。それほどやばい。鳥ってすごいなぁと思います。

あと、3人で行って4人乗りだったので、僕の隣が全く面識のないスポーツ刈り(多分地元の中学生)でして、そいつがアトラクションの最中ずっと無言でクール気取ってたのが腹立ちました。そんなんでアトラクションを楽しんでいると言えるのでしょうか。絶叫してこそのアトラクションだと実感致しました。

僕はずっと「魔剤!!アスペ過ぎ!!」と叫んでいました。

 

次はハリポッターのあのアトラクションです。

前行った時は特になんも無かったんですけど、今回はなんか進化したようで3D眼鏡を渡されました。ただそれを渡されるタイミングが椅子に拘束された後だったので、僕の普通の眼鏡を仕舞うことができず、ずっと左手で握りしめてました。

もうこの時点で大事なzoffの眼鏡に気を取られ、さっさと降りたくなりました。

内容的にも、ブランブランされて気持ち悪かったです。おかげでクライマックスに出てくるディメンター(悪役)に対しても全く恐怖を感じず、「ホントもう降ろさせてください」という感じで "恐怖<眼鏡を守りたさ" といった感じでした。

オマケに、意気揚々とプラスされた3D要素のせいで酔いレベルが増し、もはや負の産物と化したと思います。

ですが、ハーマイオニーが可愛いのと、バタービールが美味しかったのと、ショーみたいなのがやっていてそれが面白かったので130点。

ショーの最中「誰かの力が必要なの!」的な流れで子供を壇上に登らせるんですけど、その子が目立つのが苦手な感じの子でめっちゃ嫌そうに出てきたのが印象的でした。最後はその女の子も喜んでいて魔法の力はすごいなと思いました。あはは。

 

f:id:GAS_AOKI:20170224043458j:imagef:id:GAS_AOKI:20170224043440j:image

写真はバタービールとそのショーです。

このお兄さん、どことなく受験生時代に通っていた河合塾のチューターに似ていて変な気持ちになりました。関関同立っぽい顔でした。

魔法ってすごいね。

 

3つ目はバックドラフト

映画の設定に合わせて火災を鎮めるシュミレーションを行います、みたいな感じでした。友達が酔ってたので酔い覚ましと待ち時間が短いのもあって入りました。

実際にシュミレーションの場面にたどり着くまでの説明が長くて少し退屈でしたが、シュミレーション自体は予想を上回って迫力がありました。ドラム缶から爆発音がしたり、鉄骨が倒れたりとかなり凝った演出で臨場感があり冷や汗モノでした。熱気も伝わってきて火災への不安が募りました。

ただその最中、「僕は今、USJにいて、外には他のアトラクションがあって、ましてはUSJの外にはビルだのなんだのがあって、そのもっと外には海が広がっていて・・・」と考えたら、こんな火災ごときどうでもいいと思ってしまいました。

宇宙の大きさに比べたら火災現場、ましてはそのシュミレーションなど大気中の塵にも値しないのです。

 

4つ目はスパイダーマン

原点回帰しました。夜になると空くとお姉さんが言っていたのですが、お姉さんへの会いたさ故に待ちきれず、夕方に行きました。

乗り場に行くとお姉さんはおらず、シフト交代という現実を突きつけられました。

前回行った時に何回か乗っていて、どんな乗り物か多少覚えていたので、並んでいる時に友達に意気揚々と説明してやりました。

乗ってる最中も「次はオモロイ!次はオモロイ!」と場面が変わる度にオモシロポイントを予告していたのですが、これは映画を見ている最中に口を挟むヤツ同等のクソ行為であって本当に反省しております。

しかも、僕が予告したオモシロポイントは曖昧な記憶だったため中々出てこず、結果3回くらい間違えました。その度「あ、ごめんこの次か!?あれ!?」みたいな事を言っていてマジでアスペだったと思います。反省。

乗り物自体はとても楽しいです。USJはディズニーと違って乗り物の絶叫の振り幅が極端だと思うので、こういった中くらいのスリルな乗り物はとても良いです。なんか音楽もいい感じに流れているのでノリノリにもなれます。

因みに僕が思うオモシロポイントはスカイスクレイパーっていうんですか?そこで戦うシーンです。

 

最後はゴジラ

4D-Xの15分くらいの映画?というか主観の映像を観ました。

設定は大阪にゴジラが現れたって感じです。

飛行船に乗って倒しに行きます。普通に「パイロットってこんな感じなんか」と思いました。空中でゴジラと近距離で向かい合わせになるシーンは、映画『シンゴジラ』とはまた違うスリルを感じます。

ただ、4D-Xなので映像に合わせて椅子が揺れたり水が飛んできたりするんですけど、フライングダイナソーでシゴかれた僕たちにとって全く痛くもかゆくもありませんでした。これはゴジラ自体の問題ではなくて、僕たちの乗る順番のミスです。皆さん4D-Xは最初に見てください。でないと、ただただ水を掛けられながらお尻を揺さぶられる羽目に合います。

因みにこれが1番待ちました。

 

この時点で閉園の20時ちょっと前くらいだったのでホテルに帰りました。エヴァにも乗りたかったですが、タイムアウト。もう一生乗れないと思うと悲しい。

USJとても楽しかったです。雰囲気がめちゃくちゃいいなと思いました。洋楽がテーマパーク内で常に流れているのが特徴でしょうか。普段あまり洋楽に浸ってない僕にとっては「なんかいつもと違うところに来たな」という感じがしました。浸ってる人でも知ってる曲が流れたらそれまた楽しいと思います。

その例として、帰りのショピングストリート的なところでEDMが流れていたんですけど、そこで団体客の黒人の子供達がリズムに合わせてノリノリで踊っていたのがめちゃくちゃウケました。ユニバーサルだなと思いました。

 

夕飯はホテル最寄りの豚カツチェーン店で済ませました。みんな食に対するこだわりがないみたいです。

 

 

f:id:GAS_AOKI:20170224043425j:image

f:id:GAS_AOKI:20170224044439j:imagef:id:GAS_AOKI:20170224044448j:imagef:id:GAS_AOKI:20170224044511j:image